株式会社ナカムラはインテリア・生活用品の企画、開発、卸、販売を行っております。

ホーム > 採用情報 > 社員紹介 > 商品企画3

社員インタビューVOICE

常に挑戦。
すべて経験値にするクレバー

飯野さんIINO

1997年入社
企画開発グループ所属

Q1. 業務内容を教えてください。

通販商材の商品企画開発を担当しています。商品企画は市場調査、価格設定、販売条件の検討、商品ページの掲載内容まとめなど幅の広い仕事です。担当商品でこれまで多かったのは、多機能寝具やこたつ布団といったファブリック商品と、ジュエリーボックスやメイクボックスなど、女性向けの収納雑貨です。

Q2. 仕事の面白さはどこにありますか?

ファブリック商品や、ジュエリーボックスのように、さわり心地や、見た目のテイストなど、機能以外に判断の比重が置かれる商品は、現物が無いとイメージも掴みにくいため、社内プレゼン前に工場でサンプルを作ってもらいます。海外の工場まで足を運んで確認することも、珍しくありません。 現地で見積り交渉をしながら、細かな仕様を決めていくのですが、私はこの工程が一番好きですね。 品質と価格のバランスを見つつ壮絶な交渉です。当然、何か追加すれば高くなり、削れば安くなる。それも削る時はちょっぴりしか安くならないのに、追加だとすごく割高になったりするんです! でも、サンプルが「商品」に近づいていく過程のワクワク感、その楽しさは商品企画の醍醐味ですね 。

Q3. 前職のお仕事を教えてください。

実は、ナカムラへは二度入社しています。 最初の入社時も、商品企画を担当していましたが、インテリア以外の業界も見てみたいという思いがふくらみ、イタリア食材を扱う会社に転職しました。食品業界にも、やりがいは感じましたが、やっぱり自分はインテリアジャンルを中心とした通販商材が好きだということに気づき、ナカムラに戻ることにしました。 他社を経験したことで、ナカムラの良さが見えるようになりましたし、何より自分が一番好きなものに関わることができる幸せを、以前より感じています 。

Q4. リーダー職についての話を聞かせてください。

私は、チームのまとめ役であることより、サポート役であることを心がけています。 物事がうまく進んでいない時に「何でやっていないの?」とできない理由を聞くよりも、「それをやるにはどうしたらいいだろう?」と、一緒に解決方法を考え、次の一歩を踏み出す手助けをしたいです。 一人一人が主体的に考えようとする姿勢が、組織も人も成長させると思います 。

Q5. エントリーされる方へメッセージ。

この仕事で、やりたいことを持っていて追求心がある人、話はうまくなくても、自分の意見を持っている人と、一緒に仕事をしていきたいです。 そして大切なのは、つねにチャレンジすること。やりたいことに向かって、真剣に取り組んだ仕事であれば、失敗の経験や、ボツになった企画も、その人の経験値を確実に上げているはずです。こちらも全力でサポートするので一緒にがんばりましょう 。

お問合せはこちら