株式会社ナカムラはインテリア・生活用品の企画、開発、卸、販売を行っております。

ホーム > 採用情報 > 社員紹介 > WEBデザイナー2

社員インタビューVOICE

在宅ママデザイナーの先駆け!

山本さんYAMAMOTO

2009年入社
企画開発グループ
クリエイティブチーム

Q1. 仕事の内容と、作業環境を教えてください。

主に商品ページの制作ですが、特集ページとカテゴリページ、それに付随するバナーなどの制作も在宅勤務で行っています。家での作業環境は、会社からノートPCが支給され、社内の人との打ち合わせは、メールやスカイプで行っています 。

Q2. 在宅勤務になるまでの経緯を教えてください。

入社して5年は社内で仕事をしていました。出産を機に、会社から在宅勤務の提案がありました。デザイナー職では前例がなく、当初は、データのやり取りも時間がかかって大変でした。 現在は、データ共有システムが導入され、劇的にスムーズになっています。 出産・育休後、在宅勤務で職場復帰しましたが、社内では私が育児休暇取得第一号だったようです。 終業時間の変更も、快く受け入れていただきましたし、前例がないことにも、前向きであろうとするところは、この会社のいいところですね 。

Q3. 子育てをしながらの在宅勤務でよかったことは何ですか?

保育園が近所なので、終業後、すぐお迎えに行けます!子供の発熱など、いざという時も駆けつけられますし、なにより通勤に使う時間と体力を、子供との時間に使えるのが一番大きいです。

Q4. 今後挑戦したいことは?

商品ページを商品企画担当者やカメラマン、スタイリストなど、さまざまな職種の人と、一緒に作り上げていくところが面白いです。それぞれ視点が違うので、何年やっていても新鮮に感じます。 商品のターゲットや企画意図をじっくり聞けるところも、商品への愛着や仕事のやりがいにつながっています。 今後は、子育ての経験が、ファミリー向けの商材に生かせるかも!と思っています!

Q5. 会社での楽しいエピソードがあれば教えてください。

社内にいた頃、自分のデスクで「山本商店」という店を開き、インスタントの味噌汁やスープの販売をしていました。いや、販売といっても「お店屋さんごっこ」ですよ! なにせ原価でしたから。 実は社長も山本商店によく買いにいらしていた、お得意様の一人! 在宅勤務になって、山本商店の閉店後ほどなく、社内にスープも飲める無料自販機が設置され、休憩室にカップ麺が置かれるようになったと聞きました。こうして山本商店のスピリッツは受け継がれ… え?違う?

お問合せはこちら